RETOIROがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。これだけ人気が出た理由としてRETOIROの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はRETOIROに含まれる人気成分のうちにココイルグルタミン酸2Naついて解説します。

 

RETOIROと言えばココイルグルタミン酸2Na配合のシャンプー

ココイルグルタミン酸2Na

 

ココイルグルタミン酸2Naとは、ヤシ油と酸性アミノ酸の中のグルタミン酸を原料として作られています。髪や頭皮にこだわる人たちにとって、もはやこれを選ぶのは常識というレベルにまでなっているアミノ酸系の洗浄成分の一つです。

 

弱酸性の、目にもしみにくく安全性の高い成分であり、頭皮や肌、髪の毛の余分な皮脂・汚れをクレンジングしてくれるので、頭皮環境のケアに効果が期待できます。優しい洗いあがりで、必要な皮脂まで取っていってしまうことがないので、乾燥肌の方や肌の弱い方でも使うことができます。
低刺激で、キューティクルへや肌のダメージも少なく洗ってくれますが、高価な成分のためサロン専売のダメージヘア用シャンプーやベビー用ボディーソープなどでないと、なかなか配合されていません。

 

 

ココイルグルタミン酸2Naってなに?どれくらい凄いの?

ココイルグルタミン酸2Na 効果

 

アミノ酸系洗浄成分は肌にいいと言われ、シャンプーにこだわりのある人は必ずチェックする項目ですが、洗浄力が弱く肌や髪がべたつきがちなことが難点です。また、泡立ちが弱く「本当に汚れが取れているの?」と不安になってしまうこともしばしばです。
その点、ココイルグルタミン酸2Naはアミノ酸系シャンプーでありながら高い洗浄力を持っており、泡立ちも豊かです。

 

アミノ酸系洗浄成分の刺激の弱さ、皮膚へ大事な皮脂を残すという性能を持ちながら、高い洗浄力を実現可能なのはココイルグルタミン酸2Naならではです。

 

コンディショニング効果もあるので、カラーのダメージやパサつきなどで悩んでいるけれども、しっかりと髪を洗いたい人に適している洗浄成分です。

 

RETOIROはココイルグルタミン酸2Naを配合

RETOIROにはココイルグルタミン酸2Na以外にも高級な成分が使用されています。

 

成分表を見ると
・ラウロイル加水分解シルクNa
・ヘマチン

 

ラウロイル加水分解シルクNaは、トリートメント効果が高く、髪にうるおいを与え、キューティクルを補修してくれる効果があります。
ヘマチンには、髪の主成分であるケラチンと結びつき、髪の補修をする働きがあります。

 

その他にも、ヘアコンディショニング効果のあるコカミドプロピルベタイン、紫外線などから皮膚を保護してくれる効果のあるヨーロッパシラカバ樹皮エキス、失ってしまったキューティクルの代わりの働きをするゼインなどが含まれています。

 

RETOIROって使うとどうなるの?

 

RETOIROを使うと

 

・髪のパサつき
・髪のツヤがない
・頭皮の臭いやかゆみ
・頭皮環境
・髪・体がカサつく

 

などの悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

RETOIROの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。